Q&A集|マンション投資ナビ

マンション投資・経営って? 生命保険代わりとして 節税対策メリット 都内マンションのススメ 安心の賃貸 資料請求・お問い合せ
トップページ 物件のご紹介 購入シュミレーション オーナーの声 マンション投資のリスク Q&A集 セミナー情報

セミナー情報





 

マンション投資・経営の疑問や不安にお答えします。

はじめてマンション投資・経営をするにはさまざま疑問が出てくるでしょう。株式会社奥田では担当者が細かくご説明・対応していますので、安心してお気軽にご相談ください。ここではよくあるご質問をまとめていますので参考にしてみてください。
Q&AQ&AQ&AQ&AQ&AQ&AQ&A
Q&Aサラリーマンや公務員の方が非常に多く見受けられます。
まず、ここ数年のマンション価格低下や低金利状態のなかで、2,000万前後の価格でマンションが購入できることや税務上の「賃貸不動産事業者」として節税対策ができるなどの投資効果を期待されている方が多いようです。
また、注目すべきは独身女性の購入が増えている点です。晩婚化の影響や結婚後の資産運用として購入するケースも目立ってきています。
 
Q&A 都内は人口密度が濃く、これからも人口が増え続けます。
東京は今後も人口集中が見込まれており、マンション投資の最大のリスクである「空室化」を避けられるというメリットがあります。また都内における再開発地域も多く、資産価値も高まっています。人口密度が高く、若年層の全体人口に占める割合が日本のどの都市よりも多いことが有利な理由の一つです。
詳しい解説ページを見る
 
Q&A 長期にわたる安定家賃収入がそれにあたります。
マンション投資・経営の魅力は、長期にわたって安定した家賃収入が見込まれるということです。定年退職までにローンを完済しておけば、家賃収入がそのまま私的年金となるのです。
詳しい解説ページを見る
 
Q&A 立地条件・設備が重要です。
投資マンション選びのポイントは、利回りはもちろんのこと「立地・広さ・設備」が重要な要素です。
まず、駅近くや商業施設、生活利便性の高い立地が求められます。このような好立地では人口の低下を心配することなく、また家賃の下落も心配いりません。また、設備面ではマンションの老朽化を補うことが資産価値を継続させる要になりますので、あまりに安っぽい建物・設備では困ります。
Q&A 現金や有価証券に比べ評価額を減らすことができ、有利と言えます。
現金、株式、債券などの金融資産の場合、その100%が相続税の課税対象となりますが、不動産の場合は税法の規定に基づく評価額で課税されることとなります。投資用マンションの場合、課税対象額は現金の約4割で済みますので、相続時の資産評価を減らす効果があります。
※物件によって異なるケースもあるため、詳細は専門家や関係官庁に確認しましょう。
Q&A はい、必要です。
マンション経営を開始すると不動産所得が発生しますので、他の所得と不動産所得を合わせて確定申告をする必要があります。マンション経営を行った結果、税務効果があれば、この申告によって確定させる必要があります。
なかなか面倒な作業ですが、株式会社奥田では担当がお手伝い・アドバイスをさせて頂いております。お気軽にご相談ください。
Q&A 返済比率次第になります。
既にローンを組んでいる場合、そのローンと合わせた支払い能力が問われてきます。その支払い能力を見るひとつの目安として、返済比率というものがあります。 返済比率とは、年収に対するローン支払額の割合のことをいいますが、この返済比率の上限は金融機関ごとに異なります。そのほかカードローンや車のローンなどがある場合は、それらも加味します。
資料のご請求 メールフォーム 無料相談 Q&A集
COPYRIGHT (C) MANSION TOSHI NAVI,ALL RIGHTS RESERVED.