生命保険代わりとして | マンション投資ナビ

マンション投資・経営って? 生命保険代わりとして 節税対策メリット 都内マンションのススメ 安心の賃貸 資料請求・お問い合せ
トップページ 物件のご紹介 購入シュミレーション オーナーの声 マンション投資のリスク Q&A集 セミナー情報

セミナー情報

万が一の時に心強い生命保険効果。マンション購入の際に加入する「団体信用生命保険」が残されたご家族に長期にわたる安定した収入源を残してあげられることになります。
 

まさかの時の生命保険効果。団体信用生命保険とは??

住宅ローンは、高額のため、超長期にわたっての返済になるのが通常です。返済期間中に、万が一ということもないわけではありません。そのような時に備え、住宅ローンを利用してマンションを購入した場合、「団体信用生命保険」に加入できます。ご返済中に万が一の事(死亡・高度障害)があったとしてもご家族が残ったローンを支払うことなく、付帯の保険により必ず全てのローンはなくなります。そしてご家族には家賃という毎月の安定収入と、売却も可能な都心のマンションという資産が残るのです。

現在加入している生命保険の多すぎる死亡保障を見直し、医療保障を充実しておくことで病気やケガで入院したり療養している間のローン返済に備えることも可能です。

資料のご請求 メールフォーム 無料相談 Q&A集
COPYRIGHT (C) MANSION TOSHI NAVI,ALL RIGHTS RESERVED.